ローマ法王、教会幹部らに反省を促す

ローマ法王フランシスコは12月22日、枢機卿・司教会議を開いた。クリスマス前の儀礼的な会合となるのが通例だが、法王はこの機会に、教会を蝕む「15の病」を列挙し、異例の厳しい調子で各人に反省を促した。法...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。