バルス首相、テロの危険に警戒を呼びかけ

バルス首相は12月12日、モンペリエを訪問した機会に、「テロの危険はかつてないほど高まっている」と述べて、特に、イスラム過激派によるジハードの呼びかけに応じる若者が増えていることに懸念を表明した。首相...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。