パリ市、住宅の先買権行使に8億5000万ユーロを投入へ

パリ市議会は12月17日、市内の住宅を買い上げる先買権行使に関する議決を行った。住宅不足が目立つ市内の地区を指定し、8021戸の住宅を買い上げ、低家賃住宅として提供する計画。対象となるのは、主に右岸(...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。