長期金利の低下で仏国債費が減少

仏長期金利は12月18日に0.845%まで下がり、過去最低記録を更新した。長期金利の低下は、国債費の減少に直結する。フランスでは財政赤字の削減が遅れ、公的債務残高も増大を続けているが、長期金利の低下で...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。