首相府、追加の年金改革実施の可能性を否定

首相府筋は12月16日夜、追加の年金改革を実施する可能性を否定した。同日には、レプサメン労相が、定年年齢の引き上げを示唆するとも取れる発言をしたことから物議を醸していたが、労相本人も同日中に発言を修正...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。