オランド大統領、移民史博物館の開所式を挙行

オランド大統領は12月15日、パリ市内の移民史博物館の開所式を挙行した。同博物館は2007年にオープンしたが、移民政策は微妙なテーマであるだけに、記念式典はこれまで行われていなかった。移民排斥を掲げる...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。