ボロレ、パリ首都圏の公共交通機関に電気バスを供給へ

STIF(パリ首都圏公共交通機関)およびパリ交通公団(RATP)は12月10日、仏産業大手ボロレ傘下のブルーバスと電気バスの供給契約を締結したと発表した。契約額は1000万-4000万ユーロ。供給され...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。