政府、パリ首都圏の暖炉規制を見直す方針

ロワイヤル・エコロジー相は12月9日、パリ首都圏で1月1日から導入される予定の木質燃料利用の暖房の利用制限について、導入を見直す考えを表明した。同相は、木質燃料を再生可能エネルギー源と位置づけた上で、...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。