仏トゥールーズ国際空港、中国コンソーシアムが49.99%株式を買収へ

仏政府は、トゥールーズ・ブラニャック国際空港の49.99%株式を中国・カナダ企業のコンソーシアムに売却することを決定した。このコンソーシアムには、中国企業2社(深セン空港、済南空港を運営する山東高速集...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。