アレバのウルセルCEOが死去

仏原子力大手アレバは12月3日、リュック・ウルセルCEO(55歳)が死去したことを発表した。ウルセル氏は10月20日に闘病のために休職することを明らかにし、ノルCOOがCEO代行に任命されていた。ウル...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。