ラデファンスの新凱旋門、エファージュが修復工事を担当

フランス革命200年を記念して1989年に設置されたパリのビジネス地区ラデファンスの新凱旋門は、設置から25年が経過して老朽化が目立ち始めており、南側と屋根部分の所有権を持つ仏持続可能発展省は、その修...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。