医療・産業用の放射性物質、犯罪行為への対策に難点が

11月24日に国会で行われた聴聞の機会に、ASN(仏原子力安全局)とIRSN(放射線防護・原子力安全研究所)の代表者は、医療・産業用の放射性物質の安全管理に関する懸念を表明した。犯罪行為に対する保安体...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。