タレスとシーメンス、スペイン高速鉄道の安全運行システムを受注

仏タレスと独シーメンスの合弁会社は、スペインの高速鉄道のオウレンセ・オルメド区間(331km)における自動安全運転システムに関する契約を獲得した。タレスが55%出資する合弁会社は、高速鉄道のトラフィッ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。