鉄道関連メーカー、受注減に懸念表明

鉄道関連のメーカーが作る業界団体FIFはこのほど、業界の先行きに懸念を表明した。鉄道車両を中心に受注が冷え込んでおり、2018年までに業界の3万人の雇用のうち、1万人が喪失する恐れがあると警告した。
...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。