トタルのプイヤネCEO、EUエネルギー政策のバルカン化を批判

仏石油大手トタルのプイヤネ新CEOは11月21日、同社がパリで主催したエネルギー・気候会議で、欧州諸国のエネルギー政策が不揃いなことが、エネルギー産業の競争力を削いでいると指摘し、EUレベルでの本格的...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。