マクロン経済相、週35時間制の適用緩和に意欲示す

マクロン経済相は11月20日、国会小委員会での答弁の機会に、週35時間労働制の適用緩和に向けた意欲を表明した。経済相は、週35時間制について、雇用拡大と生産性向上に有効な措置だと前置きした上で、法定労...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。