コンセイユ・デタ、私的録音録画補償金の金額設定を追認

仏コンセイユ・デタ(最高行政裁)は11月19日、2012年末に採択された私的録音録画補償金の金額を不服として、フィンランドのノキア、米アップル、米モトローラ、仏カナル・プリュス(有料テレビ)などが起こ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。