仏EPR建設費用、100億ユーロに拡大か

仏原子力発電事業者EDFは11月18日にフラマンビル原子力発電所で建設中のEPR(第3世代加圧水型原子炉)の運転開始が新たに1年遅れて、2017年になると発表した。同社はさらに翌19日、建設費用の見直...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。